2010年06月15日

<口蹄疫>コブクロの小渕さん、今井美樹さんらと宮崎応援歌(毎日新聞)

 感染拡大が止まらない宮崎県の口蹄疫(こうていえき)。故郷の非常事態を受け、著名人にも支援の輪が広がっている。小渕健太郎さん=宮崎市出身=と黒田俊介さん=大阪府出身=の人気歌手ユニット「コブクロ」と、同県高鍋町出身の歌手、今井美樹さんと夫の歌手、布袋(ほてい)寅泰(ともやす)さんは県を勇気付けようと共同で歌を作った。小渕さんと布袋さんが10日付のそれぞれのブログで明らかにした。

 タイトルは「太陽のメロディー」。小渕さんは自身のブログで「宮崎県の人の心一つ一つが僕らのところに集まって作らせてくれた特別な歌」と記した。布袋さんもブログで「2人の故郷を愛する気持ちが歌となり、苦境の最中にいる宮崎の皆さんの心に少しでも安らぎを届けられたら」とつづっている。

 発表方法は未定だが、録音は布袋さんのスタジオで行われ、ギター2本によるシンプルな曲だという。

 また、県を通じて300万円を寄付した宮崎県都城市出身の俳優、永瀬正敏さんも、インターネット上に支援を呼びかけるチャリティーサイトを開設。約20人の写真家らが「希望を」をテーマに作品を発表し、宮崎への支援を呼びかけている。【川上珠実】

【関連ニュース】
口蹄疫:宮崎など3市、埋却作業終了
口蹄疫:自民政調会長、参院選延期を要請
口蹄疫:宮崎市の豚、日向の牛が陽性…宮崎の運動公園閉鎖
口蹄疫:菅首相、12日に宮崎を訪問
口蹄疫:篠原副農相が宮崎入り

<事故隠し>「当て逃げされた」警部がうそ…処分検討 愛知(毎日新聞)
「官僚と政治家が役割分担」=事務次官らに菅首相訓示(時事通信)
<国会>会期延長せず、16日閉会へ 民主国対委員長が通告(毎日新聞)
<野島埼灯台>水銀漏れでピンチ 夏の観光シーズン目前、一般見学中止(毎日新聞)
労働基本権、見直しには影響提示を=海外事例を紹介―人事院年次報告(時事通信)
posted by フチガミ カズユキ at 14:25| Comment(16) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。