2010年03月16日

<訃報>角田房子さん95歳=作家、「閔妃暗殺」などの作品(毎日新聞)

 角田房子さん95歳(つのだ・ふさこ<本名・フサ>作家)1月1日死去、葬儀は近親者で済ませた。

 近現代史を中心に、緻密(ちみつ)な取材に基づいたノンフィクション作品を発表した。「閔妃暗殺」で新潮学芸賞を受賞。ほかに「責任 ラバウルの将軍今村均」、(新田次郎文学賞)「甘粕大尉」「悲しみの島サハリン」など。

餓死5歳児「2月末から寝たきり」母親供述(読売新聞)
与謝野氏の動き、谷垣氏が不快感(産経新聞)
民主の比例新人が勉強会(産経新聞)
<東文研>確認前に「お墨付き」 クモ発生の新潟市美術館に(毎日新聞)
会見出席求め仮処分申請=フリー記者「警察庁が妨害」−東京地裁(時事通信)
posted by フチガミ カズユキ at 00:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月10日

橋下知事、白鵬に優勝楯贈呈(産経新聞)

 14日から始まる大相撲大阪場所を前に、昨年の大阪場所で優勝した横綱白鵬関が5日、大阪府の橋下徹知事を表敬訪問。「大阪は初土俵を踏み、大関昇進した縁起のいい場所。頑張りたい」と抱負を述べた。

 大阪場所では優勝力士に府知事杯が授与される。白鵬関からの知事杯返還を受けてこの日は、橋下知事から白鵬関に優勝楯が贈呈された。

 元横綱朝青龍関が現役を引退し、今年の大阪場所からは横綱は白鵬関一人。橋下知事が「大いに場所を盛り上げてくれると期待してます」と語りかけると、白鵬関は「精進します」と応えていた。

【関連記事】
橋下知事のこだわり反映? 学力テスト、大阪府は希望率93・2%
「大阪市以外は、まんじゅうの皮…」 橋下知事“失言”で府議会騒然
朝鮮学校無償化 橋下知事「拉致と切り離せない」
橋下府政の借金は一体いくらなの?
歩道橋命名権売却「どんどんやったらいい」
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

女性“おじさん化”4割超が自覚 仕事のストレスで肌荒れ悪化(産経新聞)
民主党「七奉行」が会合、参院選「厳しい」で一致(産経新聞)
北教組事件 小関容疑者「5区担当は15年前から」(産経新聞)
子宮頸がんワクチン、公費助成を=女優仁科さんら実行委設立(時事通信)
<恐竜絶滅>1回の小惑星衝突が原因 直径10〜15キロ(毎日新聞)
posted by フチガミ カズユキ at 01:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月08日

ご当地検定 生き残り難題 240余が乱立 受検者軒並みダウン (産経新聞)

 平成17年ごろから始まった“ご当地検定ブーム”が、受検者数低迷に直面している。大阪府池田市の「池田学検定」は受検者数が3分の1になり、7日の第3回で幕を閉じることに。各地で乱立ぎみの検定は総じて受検者数が減少し、「定番でのブームは去った」との指摘もあり、生き残りへ新たな知恵が求められる。

 池田学検定は平成20年3月に第1回を実施。検定に先立ち、市は地元の歴史や文化への意識を高めてもらおうと連続10回の講座を開講。70人が受講し、105人が受検した。しかし、第2回検定の受検者は47人と半減し、3回目の申し込みも28人にとどまった。市立歴史民俗資料館の田中晋作館長は「生涯学習の一環で、当初から検定ありきではない」とし、「受検者はよく学習していた。問題作成も大変だった」と話す。

 抜群のブランド価値でブームの火付け役となった京都検定も、受検者数の減少に見舞われている。第2回(17年)の1万2662人をピークに、昨年12月の第6回は1〜3級合わせて5060人だった。大阪・茨木商工会議所の「いばらき何でも知っとこ検定」は17年、初回の受検者がわずか20人で、翌年から開催を見送っている。

 存廃の岐路に立っているのが、三重県四日市市の「ふるさと四日市検定」。3月27日に実施される第4回の申し込みは2月下旬になってもゼロ。5回目を行うかどうか近々決めるという。

 そうしたなか、検定にユニークな付加価値を取り入れたのが、宝塚歌劇団が監修する「宝塚歌劇検定」。3月28日に大阪と東京で始まり、申込者数は計約3400人の盛況ぶりだ。2回目以降に実施する1級に合格すると、SS席の観劇チケットがもらえる特典がある。同検定委員会は「宝塚歌劇の歴史、文化の掘り起こしに加え、ファン層の拡大を図りたい」と意欲をみせる。

 地域検定振興協議会(東京)によると、ご当地検定は全国で240あまり。協議会事務局は「検定の基本に立ち返り、どのような人材を選ぶのか議論がもっと必要」と指摘している。

越前ガニ 水槽内ゆらゆらと…ふ化ピーク 福井(毎日新聞)
伊方原発 プルサーマル試運転 3号機の発電再開(毎日新聞)
高速の新割引料金は「値上げ」=前原国交相(時事通信)
首相動静(3月5日)(時事通信)
【Web】「最後のメール」送るサービス(産経新聞)
posted by フチガミ カズユキ at 17:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。